ホーム>講師の日記>2012年4月

2012年4月

被災地での音楽会

(読売新聞より)
首都圏を中心に活動するアマチュア混声合唱団のメンバー4人が、
岩手県宮古市の介護老人ホームを訪れ、ピアノ1台を寄贈した。
「音楽で元気になって」と合唱団が贈ったピアノは、都内のピアノ
販売会社から寄付された中古品。今年3月11日に都内で開いた
コンサートの収益金などで、調律費用などを捻出した。
入居者とメンバーは早速、ピアノ伴奏で、童謡『春が来た』
『こいのぼり』『ふるさと』を合唱した・・・・。

という記事を読みました。
ピアノという楽器は、オーケストラと同じ音域を出す事が出来ます。
ヴァイオリンのように、高い音で気持ちを揺さぶるような音も出ますし、
チェロのように、包み込むような心にしみるようなあたたかい音も出せます。
そんな優しい気持ちと一緒に、みなさんの心の中にあたたかい音が
しみこんでいったコンサートになった事と思います。

 

 

 

 

 

花の季節です。

寒さも和らぎ、すごしやすい季節となって参りました。       cherryblossom           cherryblossom
今年も見事に咲いた桜も、少しずつ葉桜となってきています。        tulip
今はまだ、花と葉が半分ずつくらいですが、全てが新緑となると
桜並木がやさしい木陰となっていきます。
また、ご近所に方で、玄関先に沢山の植木鉢に色とりどりの     cherryblossom
花を植えて楽しまれている方がいらっしゃいます。                   tulip
チューリップや赤・白・黄色・紫の花が、今、きれいに咲いています。
昨年の東日本大震災から、私たちは2回目の春を迎えました。
「ガンバッテネ」という声が、その花たちからも聞えてくるようでした。  tulip      cherryblossom

完成に近づいています!!

『パイレーツ オブ カリビア』という曲を練習中の女の子がいます。             virgo
ディズニーランドでも聴いた事があるので、女の子はとても張り切って    shine
練習しています。
(ディズニーランドが大好きな女の子です。)
でも、聴くのと楽譜は違って、リズムの書き方が難しい楽譜です。        virgo
お母さんに一番難しい所の楽譜を拡大コピーして頂き、
女の子は「こことここの間に音が入るんですよね?」と                      shine
エンピツや色ペンで線を書きながら、練習をしています。
(どうやら謎解きをしているような気分になっています!)
そして、前回のレッスンからペダルをつける所まで来ました。      virgo     shine
今までの両手に加えて、足も動かすので、最初は
「え?え?」と、私の弾いているまねをしながらでも、一生懸命に練習をしていました。   virgo
曲が少し長いので、先日のレッスンでは最初の部分のペダルをつけ、
次回は中間部のリズムが面白くてかっこいい所の予定です。
はきはきした曲がますますかっこよくなって、女の子はうきうきです!!
女の子は、全部弾けるようになったら、学校の音楽室でお披露目をする予定だそうです!   virgo










 

震災を経て・・・

昨日、美容院へ行きました。
その時、担当して頂いた女性の美容師さんは
仙台のご出身で、昨年の東日本大震災では
ご実家の建物にひびが入ったり、お友達のお宅は
全壊してしまったりと、相当な被害にあわれたそうです。
まだお若い美容師さんでしたが、とてもしっかりされた方で、
4月いっぱいで美容師さんはお辞めになり、社会福祉の
国家資格を取って新しいお仕事をされる準備を今、されるそうです。
100人中10人ほどの合格率という資格だそうで、大変厳しいの
ですが、今は2足のわらじをはいて目標に向かって頑張っておられるそうです。
もちろん、美容師というお仕事が大好きで、海外の
美容師の技術を競う世界大会にも何回も出られたそうですが、
昨年の震災を経て、いろいろ思う所があったそうです。
あの震災をきっかけとして、ご自分の生き方をかえ、
世の中のために役に立ちたいというその方の夢が
叶う事を願っております。
 

母の日に曲のプレゼント。

男の子3兄弟の生徒さんがいます。
昨日は一番上のお兄ちゃんがレッスンに来ました。
この春から中2になったお兄ちゃんは、下の2人の元気いっぱいの
弟たちの面倒もよく見ます。
また、とても優しい男の子で、お母さんが「ショパンのノクターンを
聴きたいなあ。」と言っているのを聞いて、今、一生懸命、練習に取り組んでいます。
とてもきれいで、でも少し難しい曲なので、時間はかかっていますが、一歩一歩練習を重ねて
ようやくゴールが見え始めました!
あとは最後のページの複雑なリズムの練習です。
男の子は「あー、母の日にまにあうかなあ?」と言って、何度も練習しています。
お兄ちゃんはレッスンに1人で来ますので、母の日に合わせて弾けるようになって
聴かせてあげる、という作戦を教えてくれました。
私も「いい作戦だね!母の日に弾けるように、がんがろう!!
きっと喜ぶよ!」と言って男の子と一緒に秘密作戦実行中です!!
(私も、男の子の気持ちを聞くと心が洗われ、私自身、あたたかい気持ちになります。)
notes        present        notes        present         notes







 

サントリー発表会にデビュー!

小3のお兄ちゃんと、小1の妹さんの仲良し兄妹がレッスンに来ています。      virgo
お兄ちゃんは今2回目のサントリー発表会に出演されます。
妹さんも、いよいよサントリーデビューとなりました!
おっとりした優しい性格のお兄ちゃんは、練習もゆっくりと何度も    note
繰り返して弾いて、覚えていきます。
今回は、モーツァルトのトルコ行進曲に挑戦です。
そんな頑張り屋さんのお兄ちゃんを見て、妹さんも「私もやる!」と    virgo      note
私とお母さんに約束をしてくれました。
妹さんは今回、『インディアンの踊り』という曲にチャレンジです。
今は、右手・左手の音を覚える事と、最後の元気のいいリズムの     note      virgo
所を弾く練習をいしています。
(妹さんはそのリズムたたきが大好きで、何回でもたたきます!) note
これから、もっともっと練習して、大好きな所が沢山増えて
くれるようなレッスンをしていきたいと思います!!                virgo





 

長生きのヒケツ

ネコ先生の事をいつもかわいがってくれる大人の生徒さんがいます。
レッスンにいらっしゃると、「あらまあ!今日もかわいいですねー!いい
お顔をしていますねー!!」と、おっしゃってネコ先生の頭を優しく
なでてくれます。
ネコ先生も、(たぶん、よく分かっていると思います!)いつもより
さらに『イイ顔』をしてみせます。
目を細くして、ゴロゴロとのどをならし、頭と体をすりすりとくっつけていきます。
すると、また「まあ、かわいいですねー!」と言って下さり、少しなでてから
レッスンが始まります。
ネコ先生も「また、あとでなでてね」とでも言いたそうな顔をして、
いつものネコベットへ行き、ぴょんと飛び乗ると丸くなって寝てしまいます。
きっと、みなさんがかわいがって下さる事が、ネコ先生の長生きの
ヒケツだと思います。
ネコ先生は、来年、生後20年になります。

cat     chair       cat       chair       cat        chair    
 

桜。

今年も桜がきれいに咲きました。
私の住んでいる地域では、ここ数日の強風と雨で少し散り始めて
しまいましたが、桜の花びらが風で舞うと、波の様になってとてもきれいです。
ある大人の生徒さんのお宅の付近では、今が八分咲きのようで、今週末が見頃のようです。
ちょうどその方のお宅のすぐ近くに昔から生えている桜の木があり、とても美しく
咲き、練習の合間や夜には自宅からお花見ができるそうです。
(うらやましいです!)
ちょうど、その方は今、リストの『ダンテを読んで』という曲の譜読みの真っ最中です。
「リズムと音がとても複雑なので、よく頭が疲れてしまった時に、桜を見るとホッとします。」と
話されていました。
桜が咲き終わる頃までにリストの譜読みを終わらせて、テンポを上げて弾けるように
する事が、生徒さんの今の目標です!!

cherryblossom    virgo     cherryblossom      virgo       cherryblossom       virgo     cherryblossom        virgo

春休みの思い出!

鉄道が大好きな男の子がいます。
春休み中、鉄道好きな友達と一緒に上越の方へ『鉄道博物館』などをめぐる
1泊のツアーに参加したそうです。
男の子は「先生、鉄道のツアー、とっても楽しかったよ!
鉄道博物館にも行ったし、いろんな駅にも行けたし、いろんな電車も見たんだよ!
家族にはお土産で鉄道クッキーを買って、みんなで食べました。あと、いろんな
駅でいろんな音楽を聴きました。遠い所の曲だから、聴いた事がない曲ばかりだったよ。」と
とてもにこにこしながら話してくれました。
男の子はいろいろな駅に流れる(電車が到着する時の曲)曲集を持っています。
私も「いろんな曲があるんだね!これからはちょっと気を付けてきいてみるね!」と
男の子と約束しました。
男の子の秘密の目標は『ぼくも駅の曲を作ってみたい!』です。
〇〇くん!作曲もしてみようね!!
bullettrain        train          bullettrain          train        bullettrain                                                  

  

ノートがちょっと苦手です・・・

ピアノが何よりも大好きな男の子がいます。
この春から4年生になりました。
今、シューベルトの即興曲を練習中です。
(ピアノの上を自由に流れるようなメロディーがお気に入りです。)
でも、男の子は聴音がちょっと苦手です。
先日も、シューベルトの前半の細かい練習をしてから、
通しの練習をしましたが、前半を弾き終わると、すぐに
始めから繰り返して練習をしました。
あまりに熱心なので、「今日は、のってるね!」と声をかけますと、
「できれば、聴音は短くしてほしいなー。」と、リクエストがありました。
「私の小さい時は、ピアノが苦手で、聴音が得意だったんだよ。
先生と反対だね!誰にでも得意・不得意があるからね。」と言いました。
男の子は「先生が、ピアノが苦手ー?!ウソみたい。でも、嬉しい!」と
言って、ペロっと舌を出しました。
男の子の『ノート特訓』の日々はしばらく続きます(笑)
book      pencil      notes      book       pencil       notes                        

  
 

ページ上部へ