ホーム>講師の日記>音を作る!!
講師の日記

音を作る!!

音楽レッスンに通う中学3年生の男の子がいます。                 notes
男の子は「先生、今週は文化祭のリハーサルがあるんです。
創作演劇をするのですが、僕は音響の係りになっていて、
舞台の演技にあわせて作った音を出すんです。」と言いました。
私は「音を作る?あ!!よく映画とかでもつける音の事ね!!」と聞くと、
「そうです!例えば、ウィンカーの音はライターをカチカチと
すると、それらしい音になるんですよ。舞台の袖でするのですが、           notes
舞台の友達の演技にあわせて出すタイミングが難しいです。
映画と違って一発勝負です!!」と言いました。
私も「そうだね!〇〇くんの腕にかかっているね!頑張れ!!」と
言うと、男の子は「はい!担任の先生にも、演劇に同時に音を
つける事は、歴代の先輩たちも難しいからなかなか実現
出来なかったから、頑張れ!と言ってもらってます。よーし!!」と         notes
言って目がきらっと光りました。
受験も間近で勉強も大変なのですが、『勉強も学校活動も一生懸命』と
いう校風の中学で、男の子は1つ1つの事を大切に過ごしています。    notes
きっと大人になってからも、ガッツのある男性に成長していく事と思いますhappy01

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.office-dolce.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2197

コメントする

ページ上部へ