ホーム>講師の日記>2013年10月

2013年10月

にょきにょき!!

もうすぐハロウィンです!
子供も大人も、ちょっとうきうきするような季節です。
ハロウィンが終わると、すぐにクリスマス、そしてお正月。
1年が過ぎるスピードの速さに、改めて驚かされます。
新聞広告にも『来年のおせち』がどんと掲載され、
華やかさを競っています。
ピアノレッスンに通う子供たちも、塾ではそろそろ
先取りの新学年が始まります。
あるお母さんは「忙しいけれども、小学校のうちの基礎作りは、
どんな教科やスポーツ、習い事においてもとても大切で、
手を抜けない所ですね。あせらず、きちんとですね!!」と
話されていました。
そのあとちょっと小声で(でも、勉強を教えていると
にょきにょきってツノが生えちゃいます!!)と言って
指でツノを作って笑っていました。
私も(そうですね!生えますよね!!)と言って2人で
ツノのマネをしました。(笑)
book       school          eyeglass        clip         pencil



 

寝てられないです!!

このところ、急激に気温が下がり、体調を崩している
方が増えています。
幼稚園で実習に行っていた女の子も、実習が終わって
ほっとしたのでしょう、ちょっと風邪気味のようです。
「子供たちはとってもかわいくて、なついてくれて、
実習が終わったあとにあった運動会を応援に行った
時も、先生ー!先生ー!!って呼んでくれました。」と
うれしそうに話してくれました。
「でも、就職したら風邪だからと言って寝てられないですね!
今から体力つけなきゃ!!毎日、ジョギングします!!」と言って
来年の就活に向けて今からスタンバイです。
私も「そうだね!体力勝負だね!!学生の頃とは違う
生活のペースになるから、今から早寝早起きに
慣れようね!」と言いました。
あと1年半ほどで社会人1年生になる女の子は
憧れの保育士さんを目指して奮闘中です。
がんばれ!!がんばれ!!
diamond         note           diamond        note           diamond

 

ありがたく・・・!!

秋の深まりと共に、味覚の秋も訪れています。
店先に並ぶぶどうや栗、柿や新米など、
実りの秋を感じます。
クマやリスたちのように冬眠はしないまでも、
ネコたちも冬の訪れにそなえて(??)
せっせと食事が進みます(笑)
人間もせっせと食事が進み・・・
ちらっとダイエットの事も気になりますが、
今は味覚の秋の恩恵を有難く受けたいと思います!!
cat       maple       cat      maple         cat

伴奏に立候補!!

小学校の伴奏オーディションに向けて頑張る女の子がいます。
ピアノレッスンでは発表会の曲を練習中ですが、
お母さんから「学校で伴奏のオーディションがあって、受けてみたいと言って
います。」と連絡があり、急きょ、課題曲を練習する事になりました。
普段は、ほわっとした雰囲気のおしとやかな女の子なので、
(お!!やる気まんまんになっているね!!)と思いました。
『ジョイフル』という曲の冒頭1ページが課題で、半音階でリズムよく
登るわくわくするような前奏で、女の子はお姉さんと協力して
譜読みを練習してきてくれました。
今週末がオーディションです!!
候補者が沢山いるようなので、良い結果がでるように、
全力でサポートしたいと思います!!
virgo       note        virgo        note         virgo
 

台風

一昨日から昨日にかけて、10年に1度という規模の
大きな台風が日本列島を襲いました。
昨日の明け方には、私の住んでいる所でも激しい風が吹き、
外では何かが倒れたような音もしていました。
近年、私たちは経験した事のないような天候の変化に
みまわれ、尊い命が失われています。
悲しい出来事を目にするたびに、(どうしたら
防げるのか・・・)と思わずにはいられません。
地球規模での気候の変化も起こっています。
子供たちが大人になる頃、今よりも住みやすい環境に
なるよう、私たちは出来る限りの事をして
おかなくてはいけないと思いました。






 

柔らかい音がステキ!!

子育てにひと段落され、いろいろな事に挑戦されている
大人の方がいます。
音楽レッスンに通うその方は、ずっとピアノを続けられていて、
最近はリコーダーも始められたそうです。
「学生の頃は学校で吹きましたが、リコーダーはもう何十年ぶりです。
指使いもだいぶ忘れていますが、ちょっとずつ思い出して
吹いているんです。音が柔らかいですね。」とおっしゃっていました。
私も「そうですね!楽器によって、違う音が楽しめて
素敵ですね!!」と話しました。
今、学校でリコーダーの授業を受けている子供たちも、
何十年後「もう一度、リコーダーを吹いてみたいな。」と
思ってくれると、ステキだなと思いました。
notes       notes         notes         notes        notes
 

音の楽しみ方

読売新聞にある記事が載っていました。
坂本九さんの歌で『そして思い出』という曲があり、
歌詞に合わせた手話をつけた歌で、声と手で歌う坂本さんに
観衆が手話でこたえたこともあるそうです。
[会場に音のない静かな大合唱が起こりました]と、
坂本さんのお兄さんが自著で回想しているそうです。
ある方は耳が不自由なのですが、リストや
ドビュッシーなどの大曲を演奏して音楽を楽しんでいるそうです。
ある音楽ホールでは、音楽を音の振動として体に伝え音楽を楽しむ、
という活動をしているテレビを、以前見た事があります。
さまざまな方向から『音楽』に取り組んでいる活動を知り、
深い感銘を受けました。
notes        notes        notes         notes         notes



 

ミッション!!

修学旅行へ行った男の子が、とても楽しそうに
旅行の話をしてくれました。
男の子は「初日、空港へついてから宿に行くまで
班行動でしたが、実は面白い企画があったんですよ。
空港から宿までの間にある地元の有名なお店の中で、
指定されたお店を自分たちで探してお菓子を1つ買って、
宿に行くというミッションなんです。探すお店は自分たちで事前に
指令カードを作って、当日、先生からばらばらに配られました。
ぼくたちに配られたカードは、その中でも1番難しくて、
本当は空港から5分のお店でしたが、2時間もかかって
しまいましたー!!」と言いました。
私は「面白いミッションだね!!でも、どうやって探したの?」と聞くと、
男の子は「はい、最初はスマホで検索したのですが、うまく
ひっかからなかったので、地元のタクシーの運転手さんに
聞いたら、すぐにわかりました!!いろいろな人に声をかけるのは
少し緊張しましたが、楽しかったです。いい思い出になりました。」と楽しそうに話してくれました。

ただ見てまわるだけではなく、実際、その土地の方と会話をして
生きた経験が出来る事は、積極的な子供たちを育てる
すてきなミッションだな、と思いました!!
(この”ミッション”という言葉も、男の子たちの冒険心をくすぐる
ようですね!!)
run       airplane        run        airplane         run
 

白と黒!!

先日、テレビで面白い吹奏楽部の演奏を見ました。
演奏に合わせて男の子の学生さんが白い衣装を来て
部屋に入って来ると、8人の学生さんは1列に並び、
さっと腕立て伏せの準備をしました。
1人1人の間には何故か黒くて細長い箱が置いてあり、
色が『白・黒・白・黒・白・白・黒・白・黒・白・黒・白・白』と
なっていました。私は(んー??この並び方は・・・!!)と思っていると、
『ドレミの歌』の演奏に合わせて、なんと腕立て伏せをしながら
学生さんたちは1人1音を担当しながら歌い始めました。
この並びは、ピアノの鍵盤を表しているのでした!!
その学校に伝統的に受け継がれている演奏パフォーマンスという
事でしたが、とても面白く、見ていて楽しい演奏でした!!
音楽、音を楽しむ、目でも楽しむ、まさしく
その言葉がピッタリだと思いました!!
私も音楽の取り組み方の勉強になり、見習っていきたいと思います!!
note        note        note        note        note

2人でトルコ行進曲!!

モーツァルトのトルコ行進曲を練習している小6の男の子がいます。
ピアノレッスンにはいつも弟さんと2人で仲良く(時々、ケンカしながら)
自転車で来てくれます。
その男の子は1オクターヴが届くようになったので、あこがれの
トルコ行進曲に挑戦する事になり、
「先生!この伴奏、前のトルコ行進曲より難しいですね!!
伴奏もバージョンアップしてます!」と、案外嬉しそうに
話してくれました。
(男の子は以前、簡単にアレンジしてあるベートーヴェンのトルコ
行進曲を練習した事がありました。)
すると、今度は弟さんが、
「ぼくもトルコ行進曲、弾きたいなー。」とアピール!!
私も「そうだね!前にお兄ちゃんが弾いたベートーヴェンの方を
練習してみようか!!2人でトルコ行進曲だね!!」
というと、2人は「イェーイ!!」と言って、ハイタッチをしていました。
やっぱり仲良し兄弟です!!
note         note         note         note          note


 

ページ上部へ