ホーム>講師の日記>2013年8月

2013年8月

伝える心

夏休みになると、おじいさんやおばあさんの所へ
遊びに行く子供たちがいます。
長い休みの時でないとなかなか行けない子供たちは
「今からとっても楽しみです!!何して遊ぼうかなー?」と、
楽しい計画をたてているようです。
おじいさんやおばあさんから昔の遊びを教えてもらったり、
飼っているイヌの散歩や世話を手伝ったり、畑をしている
おばあさんの手伝いで草むしりをしたり、野菜の収穫をしたり・・・。
普段の生活ではできない事をたくさん経験するようです。
大人になってから、そのような体験はきっと大切な
思い出になるはず!!
そうすることで、次の世代におじいさんやおばあさんの
心が伝わっていく事と思います。
clover       clover       clover       clover        clover

打ち水

(読売新聞より)
青梅市役所の玄関前で8日、地下のタンクにためた        sun
雨水を利用して、夏休みの小学生と職員ら約20人が
打ち水をした。午前10時。参加者たちが、用意された
ひしゃくやじょうろでバケツの水をいきおいよくまくと、
打ち水を始める前には42度だった地表の温度が5度   sun
下がった。・・・・・
という記事がありました。
打ち水という昔からあるやり方ですが、この暑さを   sun
乗り切る方法の1つのようです!!
私も、音楽レッスンが始まる前に、玄関に打ち水をして          sun
生徒さんを迎えようと思いました。
少しでも涼しい気分になってもらえたら嬉しいなhappy01      sun

 


 

高校野球

昨日から夏の甲子園大会が始まりました!
全国の高校生が毎日毎日練習を積み、地元を
代表して甲子園という舞台に臨んでいます。
ピアノレッスンに来る生徒さんのご兄弟でも
あこがれの甲子園を目指して小学生の野球チームで
都大会に出たり、中学の野球部で汗を流す生徒さんがいます。
「ぼくは野球が大好きなんです!!」と、真っ黒に日焼けした顔を
ほころばせながら白い歯でにこっと笑う笑顔は、まさに夏にぴったりです!!
好きな事だからこそ打ちこめて、地道な練習もこつこつとこなしていく、
『好きこそものの上手なれ』改めてそんな言葉を思い出しました。

sun       sun       sun     sun        sun




 

まほうの笛

昨日、テレビで何でも身近にあるものを笛にできてしまう方の事を放送していました。
よくある竹に穴を開けて、吹き口をつけたのもから
紙の牛乳パックを切りだして小さく折りたたんだホイッスル、
ハマグリに穴を開けたオカリナ、小さなどんぐりの底を削って
中をくりぬいた笛などなど。
(このどんぐりの笛をいくつもつなげて音階にしたもので
賞を受けたそうです。)
他にも小さなヨーグルトのプラスティックの入れ物も笛になるそうです。
どの楽器も、吹いてでる音がとてもやわらかく、あたたかい音色でした。
「中が空洞で、吹き口の角度(45°)と空気の通り道さえあれば
なんでも音が出るんですよ。」と話していらっしゃいました。
秋になってどんぐりをひろったら、私も生徒さんとやってみようと思います。
notes      notes        notes       notes      notes

 

だぁれ?

昨日、ピアノレッスンの部屋の窓を掃除していた時、
網戸のへりから小さくて黒くて丸いものが2つ、こちらをのぞいているのが見えました。         sun

「おや、何だろうろう?」と思ってよく見ると、セミがこちらを向いてとまっていて、
私とセミは一瞬、「君はだれだい??」といいように目があいまいました。
にらめっこに飽きたセミは、ジジジーっといいながら飛んで行きました。       sun
木にとまっているセミの姿はよくみかけますが、                                 sun
セミと正面から見つめ合う、という珍しい経験をしましたcoldsweats01



 

夏らしい!!

昨日、ピアノレッスンの部屋に飾る花を買いに花屋さんへ行くと、
この暑さの中、ひまわりはきりりとして、さすが夏の主役!という感じでした。
大きなひまわりは何本も飾られていて、夏バテぎみの
私たちにも元気を分けてくれているようでした。
近所の果樹園でも、梨にかかったカバーが大きくなり、
そろそろ収穫時期のようですね。
夏らしさをあちらこちらで感じる1日でした!!
その日はさっそくレッスン室にひまわりを飾りました。
sun                 sun                    sun                   sun                        sun

いろいろ作っています!!

夏休みに入り、子供たちは宿題や旅行、友達との遊びなどで大忙しです。   sun
宿題の中の自由研究では、1人1人いろいろ工夫していて、
その発想の楽しさに驚きます!
ある女の子は、世界の国旗を調べて大きな模造紙にまとめたり、
ある男の子は家にある材料を使って、大きな船の工作を作ったそうです。   sun
(もちろん水上で動きます!!)
また、ある女の子はお母さんに手伝ってもらって、カラフルな     sun
キャンドルを作ったそうです。
9月の新学期に向けて、子供たちは『早くクラスのみんなに見てもらいたいな。』と
楽しみにしているようです。
(私も何か作ってみようかな!)

タッチ!

音楽高校に通う女の子がいます。                    pc
学校のレポートを提出する時、最近はパソコンで打って                  pc
提出するクラスもあるそうです。
女の子は「私はパソコンがちょっと苦手なので、なかなか進みません。
でも、ENTERは簡単なので、えいっ!!て思いっきり打ちます。     pc
この前も、家のパソコンでえいっ!!て打ったら、強すぎて
キーの上の部分がふっとんでしまいました!!
いそいで拾ってくっつけましたが、ついついピアノのタッチと                 pc
一緒で、下までしっかり打たなきゃ!と思ってしまいます。」と笑って
話してれました。
私も「そうだね!キーのものを見ると、思わずしっかり
うっちゃうね!先生も同じ同じ!!」と言って、2人で笑ってしまいました(笑)   pc
                                   
 

音を聴く事

作曲科・武満徹さんの文章で、合唱の心に触れた文章が
あるそうです。(読売新聞より)
『合唱の美しい響きを作り出すには、他人のうたを聴かなければ
ならない。そして、他人はまた自分の声に耳を傾けているのだ、と
いう事を知らなければならない・・・。』
夏から秋・冬にかけていろいろなコンクールや学校の合唱祭、
文化祭などが目白押しです!!
合唱はもちろん、ピアノもヴァイオリンも
(私はこの曲を楽しんで演奏できているかな?)
(私の音は、聴いてくれている人に伝わっているかな?)と音をしっかり聴きます。
音楽レッスンに来る子供たちが、1人1人、
自分の音に耳を傾け、また他の人の演奏に耳を傾け、高め合っていけたら・・・
きっと素敵な音楽があちらこちらで奏でられていく事と思います!!
shine        shine           shine          shine            shine


 

セミの声

8月に入りました!!
ピアノ室のカレンダーをめくり、気分も新たに
始まります!!
外に出ると、まるでセミたちもカレンダーが
8月にかわったことが分かったように
「ミーンミーン」「ジジジジジー」と一斉に
鳴きはしめました。
蒸し暑い日本独特の暑さにセミの声が加わると、
一気に夏の気分が盛り上がります。
ピアノレッスンにくる生徒さんも、8月にある
コンクールに向けて、猛スパートです。
夏の太陽の力をもらって、レッスンもがんばります!!!
shine       sun       shine      sun        shine

ページ上部へ